バストアップとプラセンタ

バストアップサプリでは、おなじみの成分といえば、プラセンタですが、このプラセンタがバストアップとどういう関係性があるのかを調べてみました。

私もなんとなくプラセンタってバストアップにいいんだよねっていう程度でしかわかっていなかったので、きちんと理解した方がいいかなって思ったんです。

 

ところで、最近はエイジングケア関連の商品にもプラセンタは含まれているようです。CMとかでも見たことあります。

ただ、プラセンタは美容成分よりも、バストアップ効果として知られていることの方が多いんですよね。

 

プラセンタの意味は、「胎盤」です。エイジングケア商品などでは、プラセンタは、馬や羊などの胎盤から抽出したものが成分として配合されていますよね。

 

プラセンタには、生命に不可欠なアミノ酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルといったものまでが含まれている非常に栄養価の高いものなんです。

胎盤ですから、赤ちゃんと母体をつなぐものですから、当然といえば当然ですよね。また、プラセンタには、豚プラセンタ、馬プラセンタ、羊プラセンタ、植物性や海洋性といった種類があります。

 

ただ、気になるのがそんなプラセンタが、バストアップにどう効果があるのかってことです。

まず、プラセンタの働きにはホルモンバランスを整える役割があります。で、バストアップするには、女性ホルモンの分泌が大きく関わってきますよね。

 

詳しく調べてみるとプラセンタは、女性ホルモンの分泌量が少ない場合には分泌を増やし、分泌が多くなっているときは分泌を抑えるわけです。

 

ホルモンバランスが崩れるとバストへの影響も弱まるだけじゃなく肌荒れ、生理不順などを起こすことにもなります。

 

 

また、プラセンタには血液生成細胞を活発にしてくれます。女性は冷え性になりがちですので、必要な栄養素やホルモンがきちんと行き渡らないことなってしまいます。血流をよくすることでバストアップ効果も高まります。

 

プラセンタには他にも、コラーゲンの生成でハリのあるバストが期待できる効果もあります。
さらには、美白効果、シミ、シワの予防、免疫力向上などの効果があります。

 

 

というように、プラセンタはバストアップ効果のサポート的な役割がありますので、よりバストアップの効果を高めるにはプエラリアと一緒に摂取することです。

効率良くバストアップするには、プエラリアも同時に摂取することです。